パタンナーという仕事は簡単にいうとデザインされた洋服の型紙を作る人ですけど、実際はそんなに簡単なものではないらしいです。
なんといっても型紙は平面てきなものですけど、パタンナーとはいうのは人間の丸みに合わせたものをつくりださなくてはいけない仕事だからです。
またパタンナーはただ、服にするというよりもデザインをより生かすための知識や技術を持ち合わせないとても難しい仕事といわれています
洋服がただたんにかっこよければいいのではなくて、着やすいパターンをつくることが必要なのです。
洋服をきて、なぜかきにくい洋服ってないですか?どうしてこんなにもきにくいのかと感じることはありますよね、どんなに見た目がよくても試着したときにがっかりする洋服ってあります、それはパタンナーの腕が悪いというほかはないです。
また、年齢によっても人の体はかわっていきます、20代と50代では体重はかわらなくても肉のつき方が変わります。
その年代の変わり方などの知識も必要なのでしょう