昨今、仕事にまつわる環境は、さま変わりしています。
終身雇用制度や企業年金制度、年功序列など、
今まで日本企業の特徴だったモノが廃止される事例が増えた、といわれています。
そういった事が関連して、社会が不安定化したと主張する意見もあります。
また雇用や人材交流が、より流動的になったとも言われています。
どちらにしても、社会で働く場合、「手に職がある」と有利です。
単に有利というよりも、生き残るために必要となってくる要因と、
言った方が適当かもしれません。
手に職をつける、そのために専門学校に進学されるケースも少なくありません。
専門学校も近頃では、色々なジャンル向けに開校していますよね。
昔ながらの職種から、今時のIT・コンピュータ関連、声優・アニメーター、
ゲームクリエーター等。
その内容は様々です。
しかし、世間の流行業種で学校を選ぶのはハイリスクです。
流行に左右されない学校を選ぶのも安定的で良いでしょう。
服飾専門学校で手に職をつければ、就職の際、優位に立てるかもしれませんね。