下肢静脈瘤はその名前の通り下肢つまりふくらはぎの静脈のところどころに瘤のようにでっぱりが出来て、その部分の血流が滞っている症状です。血流が滞っているので他の部分と比べて循環も悪く、見た目の目立ち具合の他に様々な症状や不便が毎日の生活の中で出てきます。循環が落ちている事からくる冷えや感覚の鈍さや、寒い時期のしびれに近い状況など行動をする中でもかなりつらく感じる症状が多いのです。下肢静脈瘤は男性と比べると圧倒的に女性に症状が出る事が多いのですが、体質的に下半身が冷えやすいという女性の特性がこの症状と強く結び付いてしまうケースが多々あります。特に女性はスカートをはく機会が多いので、軽症の人でもストッキング越しに凹凸や血色の悪さを気にしてしまう人がかなり多いでしょう。体質や症状の軽い重たいにもよるのですが、服薬治療や外からのアプローチの対症両方と、外科的な治療の手術といった治療方とがあります。なによりも、軽症であっても外見上でわかるレベルの症状が出てしまう前に、予防予防といった毎日のケアが体の他の部分との健康面でのかねあいからしても、とても大切です。身近な症状でつながりがあるものとしては、足のむくみと慢性的な疲労です。

毎日のケアで下肢静脈瘤を軽症で押さえる対策としては、足のむくみと慢性的な足の疲労を極力、翌日に残さないという事です。いずれも足の循環を鈍くして滞らせる大きな原因になっている状況なのですが、どうしても心臓から遠い部分で、身体の中では下の方にある場所なのでなかなかむくみと足の疲労は解消しづらい日々が続いている人が多いのです。やりすぎは逆効果なので、痛みや刺激によるかゆみが無い程度の軽い状態でマッサージやもみほぐしを行ってむくみと足の疲れを軽減しましょう。そして症状が軽症の内には投薬治療の他にマッサージや、着圧式のサポーターやストッキングの組み合わせといった外からのアプローチによる対象両方で症状を軽減するという方法もとれます。着圧式のストッキングなどは圧力が弱いタイプは日常的に疲労回復のアイテムとして使い分けて対応する事も出来るので、様々な種類を比較して、自分の生活や症状にあった品を使いましょう。まれに圧迫や刺激に対して皮膚が過敏に反応してしまう事があるので、使い始めは半日くらいしてから患部の皮膚に赤みやかゆみなどが出ているかどうかをまめにチェックしましょう。もしそのような症状が出ていたら、少し患部を休ませて自然に回復するか様子を見ます。数日たって回復しない場合は整形外科に相談をしましょう。整形外科でも治療用のサポーターなどによる皮膚炎やかぶれの為の薬は処方してもらえます。